清野栄一 aka SEINOIZE (Balearic Sunrise)

作家、DJ、写真家、ノイズギタリスト。20代前半、世界各地を旅しながら執筆・写真の撮影を始める。80年代後半、ヨーロッパでのSecond Summer Of Loveを目の当たりにして帰国。打ち込み+ターンテーブル+ノイズギターによるグラインドコアバンド「OLIES」でしLIVEを行うかたわら、Werehouse Party 「LOVE JUNKY」を開催し、DJとしても活躍をはじめる。こうした体験を元に、作家清野栄一として、1665年小説「デッドエンド・スカイ」で文學界新人賞。翌年には『Rave Trabveller』を出版し、一連の作品を「ロード・ノヴェル」と名付ける。そして、free style/free partyをコンセプトにした”BALEARIC SUNRISE”をスタートする。ロック+インダストリアル+テクノ+ブレイクビーツに朗読までをMIXするDJとして、世界を旅するアーティストとして、文学と音楽の新たな領域で活躍を続けている。
主な著作に 『ブラウン・バニー』(映画ノベライズ/河出書房新社) 『デッドエンド・スカイ』(「デッドエンド・スカイ」「140BPM」「パラダイス・ホテル」/河出書房新社刊) 『RAVE TRAVELLER 踊る旅人』(写真Geoff Johnson/太田出版) 『地の果てのダンス』(同/メディアワークス) 『レイヴカRave of life』(対談集/筑摩書房) 『INTERVIEW』(ネオ・ファクトリー) 『オール・トゥモロウズ・パーティーズ』(双葉社) 『テクノフォビア』(扶桑社)『崩壊ホームレス ある崖っぷちの人生』(翻訳/河出書房新社)など。
主なCDに “balearic sunrise disc vol.1”(ロードランナー・ジャパン) 『ElektrOscilloBleeper- tape1-Speedacidextacy』『ElektrOscilloBleeper- tape2-』http://balesound.com などがある。

蔵王龍岩祭
PAGE TOP